パソコンの選び方、購入ガイド With pc

pc パーツの役割とスペック(1)

With pcパソコンの選び方パーツの役割とスペック(1)

パーツの役割とスペック

パソコンのスペックと言えば、CPU、メモリ、ハードディスクなどの、各パーツの性能(数字)のことを言うことが多いです。また、ドライブ類(DVD、CDなど)や、TV機能と言った、機能パーツの個々の性能も重要になってきます。スペックを考えるには、各パーツの働き(意味)と、数字の見方(性能)を、ある程度知っておいた方が良いでしょう。

簡単な役割や働きを理解して、数字の比較だけでも出来れば、パソコン購入の際に、数字の違いが、どの程度価格に反映されているか、少しはわかりますからね。

これから主要パーツについて、簡単に説明していくので、興味のある方は、読んでみてください。

CPUは頭脳部分

CPUは、簡単に言うと、パソコンの頭脳部分です。

大きく2社のCPUがあり、インテル社とAMD社があります。インテルは、CMでお馴染みの、「インテル入ってる」です。

CPUの数字は、クロック数といわれる数字で表示されています。基本的に数字が大きい方が、高性能です。

インテル社のCPUで比較すると、Pentium4とCeleronでは、同じ数字であれば、Pentium4の方が高性能になります。これは、セカンドキャッシュなどによるものなのですが、ここでは、あまり深く考えないでください。

インテル社のCPUであれば、数字が大きく、Pentiumが、Celeronよりも高性能と考えていただいて大丈夫です。ノートパソコンの場合も、PentiumMとCeleronMで、考え方は、ほとんど一緒で大丈夫です。

もう一社のAMDですが、単純にインテル社と比較できません・・・。単純に周波数の大きさだけでは、比較できません。ですが、同じAMDのCPUであれば、数字の大きなものが高性能と考えていただければ大丈夫です。

ちなみに、現在のAMD社のCPUはAthlon 64とSempronと言います。基本的にAthlon 64の方が、Sempronより高性能です。

最近は、デュアルコアCPU(インテル社 PentiumDなど)と言うものが登場してきて、パソコンに搭載される割合も増えてきています。

デュアルコアCPUは、簡単に言うと、ひとつのCPUの中に、2つのCPUが入っているイメージです。いままでの、Pentium4とは、単純比較できないのですが、一度に、複数の仕事をパソコンにさせるなら、デュアルコアの方が快適にこなせます。常に、複数のソフトを立ち上げて仕事などをしている人は、デュアルコアパソコンを、選択すると良いでしょう。

CPUの性能をあらわす数字はGHz、ギガヘルツ(3.4GHzなど)です。

もう少し詳しい、CPUの説明は パソコンパーツ CPU

メモリの仕事は、一時保存

メモリの働きは、「一時保存?」 って、なんかわかりにくいですよね。

簡単な例で説明すると、自分がCPUだとして、勉強しようと思いました。机、テーブルが必要です。その机、テーブルがメモリです。

机が広ければ、一度に多くの本や参考書、ノートを広げられます。狭ければ、その数は限られてしまいます。

この広さが、パソコンの机であるメモリでは、数字になります。パソコンでは、メモリの数字が大きければ、広げるスペースが大きいので、一度にたくさんのソフトを起動できます。もしメモリが、小さく、スペースが不足すると、パソコンが警告を出したり、固まったりします。

個人的な考えですが、予算があれば、できるだけ大きくしておきたいパーツです。用途にもよりますが、パソコンを快適に使う上で一番重要な、パーツだと思います。

メモリの大きさをあらわす数字は、MB、メガバイト(512MBなど)で、1000MBで1GBになります。

もう少し詳しい、メモリの説明は、パソコンパーツ メモリ