パソコンの選び方、購入ガイド With pc

pc パソコンの種類

With pcパソコンの選び方パソコンの種類

パソコンの種類は3種類

パソコンは、大きく分けて3種類になると思います。

大手パソコンメーカーが製作、販売しているメーカー製パソコン。ショップなどが、各パーツを選び、作成しながらも、自分である程度パーツを選択できるショップ製パソコン(BTO)。パーツを全て個別に選び、自分で作成する、自作パソコン。(BTOのようなパーツ選択の自作キットもあり)それぞれに、メリットもあり、デメリットもあります。

最近は、一部大手パソコンメーカーも、インターネット限定商品の販売や、パーツ、ソフトの選択などが出来るようになってきました。

さらに、割引や期間限定割引などもあったりします。ショップなどは、秋葉原に店舗を構えているお店などが、インターネットでも販売していることがあり、格安のパソコンも手に入れやすくなっています。

自作パソコンのパーツや、拡張用のパーツも ショップからの購入なので、同じことが言えます。お店で買うよりも、インターネットでパソコン、パーツを購入する方が、得するケースが増えてきました。

ちょっと話がずれましたが、パソコンを選ぶときは、メーカー製パソコン、ショップ製パソコン(BTOパソコン)、自作パソコンの、いずれかを選択することになります。

*BTOの意味は、こちら ショップ製パソコン(BTOパソコン)

各パソコンの特長

  メリット デメリット
メーカー製
パソコン
OSはもちろんソフトの種類も、豊富なことが多い。保証やサポートも充実していて、大手メーカー製という安心感がある。 ソフトが豊富なため、使わないソフトまで、インストールされてしまっている。
拡張性はBTO、自作と比べると劣る。(パーツの相性が厳しいことが多い)
ショップ製
パソコン
(BTO)
ある程度、パーツの自由度がありながらも、相性問題などもなく、組み立てもショップでしてもらえる。価格も安く抑えることが出来る。 OSはオプションの時もあり、ソフトは別売のことがほとんど。ある程度のサポートはしてもらえるが、メーカーほどのサポートは、期待できない場合が多い。
自作パソコン 全てが自由設計。好きな使用のパソコンを、作れる。勝手にパソコンに詳しくなっていく。BTOもよりも、さらに拡張性が高い。 サポートは全くと言っていいほどない。保証もパーツ個別の初期不良程度。自由と引き換えに、ほとんどが自己責任

以上のことから、初心者にはメーカー製パソコン。

最低限のパーツを理解でき、必要なソフトのみインストールしてと考えている方は、BTOパソコンもOK。

パーツの事を一通り理解でき、OS、ソフトも結構理解できていると、思っている方は自作パソコンもOK、という感じになります。

初心者やあまり詳しくない方には、メーカー製パソコンがオススメなのですが、このサイトで、少しでもパーツのことなどに興味を持てれば、BTOや自作も無理ではないと思います。(やる気は必要!)BTOは初心者用もあり、自作パソコンには自作キットがあります。

メーカー製パソコン、BTOパソコン、それぞれのパソコンの拡張性は?

最近は各パソコンのメリット、デメリットも、その差が小さくなってきています。特に、メーカー製パソコンと、ショップ製パソコンの差は、モデルによっては、ほとんどナシ。各パソコンメーカーさんや、パソコンショップさんの努力のおかげです。

メーカー製パソコンでも、カスタマイズによりパーツを選べたりして、BTOと呼んでも良いくらいです。

ショップ製パソコンは、最近保障やサポートが充実してきて、パソコンメーカーとの対応の違いは少なくなってきています。(パソコンショップにより違いはあります。)

メーカー製パソコンと、ショップ製パソコンの大きな違いは、現状オリジナルのパーツを使用してるかどうか位です。各種サービスは、メーカー、ショップで異なりますが、その差はほとんどないと言っても良いです。

オリジナルのパーツを使用していると、何が問題があるかと言うと、拡張性になります。まずケースは、パソコンメーカーはもちろん、パソコンショップも、オリジナルを使用してる場合があります。

ケースは、基本的にデザインが重要なので、後々の拡張に、こだわらなければ、あまり影響がありません。ただし、5インチベイなどの、スペース的余裕がないと、DVDなどの光学ドライブを、増設などで取り付けることはできません。

基本的に、設置してあるものとの交換は可能です。また、省スペースモデルや、ノートパソコンは、まず出来ないと思っても、良いと思います。

次に、マザーボードと呼ばれるパソコンの基盤ですが、パソコンメーカーは、オリジナルを使用していることがほとんどで、これが後々の拡張に大きく影響することがあります。

一方、パソコンショップのBTOパソコンは、市販されているマザーボードを使っていることが多いので、拡張がしやすいです。

マザーボードとは、全ての部品がつながっているもの、CPU、メモリを挿し、ハードディスク、光学ドライブ(DVDなど)をつなげるパーツで、パソコンの骨格になるパーツです。

メーカー製パソコン、ショップ製パソコン(BTO)、自作パソコン、どれを購入するか、難しい選択かもしれません。各特長を考えて、絞り込むことになりますが、「良くわからない」こう思ったら、メーカー製パソコンを選ぶのが無難でしょう。