パソコンの選び方、購入ガイド With pc

pc メモリ

メモリとは?

メモリは、CPUが直接読み書きできる記憶領域で、CPUがデータを処理するのに一時的に保存しておく場所です。 数字が大きい方が、一時保存しておくスペースが多いので、データの処理が高速になります。

168PINデスクトップ用と、ノートパソコン用のメモリ
上が、デスクトップ用
下が、ノートパソコン用

メモリでの保存スペースが不足すると、仮想メモリと
呼ばれるものが作動して、ハードディスクと
やりとりするので、処理が極端に遅くなります。

個人的な意見になってしまいますが、CPUの選択で、
0.2または0.4の少しの数字の差にこだわるよりも、
その分をメモリに投資する方が、パソコンを
快適に使える方法ではないかと思っています。

もし、メーカー製パソコンを購入する時に、
予算に余裕があるのなら、BTOで、大きくしておきたいパーツです。

キャス・レイテンシ

メモリにCL=3と記載されていることがありますが、これは、コマンドが発行されてから、データが読み書きできるようになるまでに、必要な時間(クロック数)です。

ちなみに、「CL」はキャス・レイテンシの略です。数字は小さいほうが高速に動作します。パソコンのパーツの数字は、大きい方が処理が早く、高性能が一般的ですが、この数字は逆になります。

デュアルチャネル

メモリを2枚使用して、メモリを読み書きするデータの幅を倍にし、転送速度を高速化する技術です。デュアルチャンネルで使用するメモリは、容量、使用が同じものを使います。

915からは新しいメモリ管理機能、フレックスメモリテクノロジが追加されました。多少の条件がありますが、同容量という制限がなくなり、メモリー3本挿しでもデュアルチャンネル可能です。

メモリの増設&購入

あまりパソコンに詳しくない人でも、意外とやったりしているのが、このメモリの増設です。

スロットと言われる、メモリの差込口に余裕があれば、相性問題のクリアされているメモリを購入してきて、ただ差し込むだけですからね。簡単です。

そして、逆に言えば、パソコンを買ってから、時間が経つと、それだけ、容量が不足しがちなパーツでもあるわけです。出来れば、初めに余裕を持たせるのが良いでしょう。

メモリの格安購入は、 フェイス と Two Top インターネットショップです。他のショップも見たいときは、パソコンショップ リンク集 をご覧下さい。