パソコンの選び方、購入ガイド With pc

pc 自作パソコンの魅力

With pc自作パソコン自作パソコンの魅力

自作パソコンの魅力

自作パソコンについては、人それぞれに考え方が違うと思いますが、ここでは、私流での考えで書かせていただいてます。自作パソコンに興味がある方の、参考にしていただけると幸いです。

自作パソコンには、メーカー製パソコン、ショップ製パソコンでは、味わえない楽しみがあります。 「自由に作る楽しさ」これ以上の説明は必要ない!」かな? なんて思います。

パーツの全てを自由に選べるので、外観のデザインを含め、細かいところまで自分にあったパソコンを組み立てることが出来ます。

ちょっと前までは、価格も割安なことがありましたが、現状はメーカー製パソコン、ショップ製パソコンの方が割安だと思います。もちろん、パーツ選び次第ですが、ミドルスペックのパソコン位だと、どうしてもOSの分位は割高です。

割安感がないのに、なぜわざわざパーツを個別に選び、自分で組み立てるかというと、「パーツ選び」「組み立てる作業」これ自体が楽しいからだと思います。
「贅沢だけど、このパーツを使ってみたい」「このパーツはちょっと節約して」などと、予算内で選んでいるときは、女性がデーパートで服を選んでいるときと、同じ気分だと思います。<長〜い時間が掛かります。

そして組み立ては、組み上がったときのことを思いつつ、慎重に、そしてちょっと緊張しながら、組み立てます。パーツは、一つ壊せば高いですからね。

そしてクライマックスは「最初に電源を入れるとき」ちゃんとBIOSまで立ち上がるのか?自信と不安の入り混じった気持ちで、いつも電源を入れます。その後、OSをインストールして、各種ソフトを入れれば終了なのですが、もちろん、トラブルというか、パーツの相性だったり、設定等で悩むときもあります。

結構面倒なものですが、何台か組んでると、このトラブルもまた、自分に挑戦してくるかのようで、楽しみになってしまったりもします。何もトラブルを抱えず終わってしまうと、うれしい反面なんか寂しいような気分に・・・。

このように、悩むことでパソコンの知識が豊富になるのは、自作パソコンのメリットのひとつです。また、後々の拡張性も使えるパーツの性能やパーツの相性、ケース内のスペースの問題はありますが、かなり自由に出来ます。

自分で選んだパーツですから、どこまで拡張出来るかもわかってますからね。すごく気に入ったケースがあったら、中身のみの入れ替えだけで、長くケースを使うことも出来ますし、予算内で、高性能なマザーボードを選び、CPU、メモリ、ハードディスク等は、最小スペックで構成。価格が落ち着いたころを見はからって、徐々にハイエンドのモデルにするとか、考え方次第で、いくらでも自由にパソコンを構成し、使っていくことが出来ます。

かなりパソコンに詳しくないと、自作パソコンを組み立てるなんて、出来ないと、思われがちな、自作パソコンですが、実際は「やる気」しだいだと思います。

私が最初に自作パソコンを組み立てたときは、CPU、ハードディスク、メモリ、これらのパーツたちの働きと、各パーツの数字は大きい方が早い、その程度の知識でした。
(このサイトでもこの程度なら勉強できますよね?)

チップセット?、IDE?、CL?その存在すら知りませんでした・・・。その程度の知識でも、とりあえず組み立てて、OSをインストールし、普通に使えるパソコンを作れました。
「パーツ選びはどうしたの?」って思いますよね。
このときは、ショップで扱っている「自作パソコンキット」を購入しました。パーツに対する細かい知識など、まったくなかったので、金額や数字のスペックのみでパーツを選択しました・・・。

「自作パソコンキット」というのは、ショップでスペックや目的別にパーツを選んでくれているセットで、BTOパソコンのように、ある程度パーツを変更することも出来ます。初心者用のビデオが、セットだったり、マザーボードには、「誰でもできる!」的な小冊子が付属のことが多いです。 マザーボード付属の小冊子

パーツを理解している知識が、最低限のレベルであっても、1台分のパーツがセットで購入できるので、パーツ選びには、ほとんど苦労しません。

一方、設定はどうだったかと言うと、多少苦労して、結果的にBIOSの本を、1冊買いましたが、そのときに身につけた知識は、今でも役立っています。

自作パソコンを2台も作れば、パソコンにかなり詳しくなっていると思うので、詳しくなりたい方はとても有効な手段です。詳しくなると、まわりにいろいろ頼まれるという、うれしいような、面倒くさいような問題も発生します!<詳しくなった証ですが・・・

今後、形や存在意義が変わるかもしれませんが、なくなることがないであろうパーソナルコンピューター(パソコン)。詳しくなっていても損はしないと思いませんか?
きっといろんな場面で役に立つと思います。
<メーカー製パソコン買うのにも、詳しい方が便利ですよね 

自作に興味のある方は、最小限の投資として本の購入をおすすめします。自作パソコンについて書いてある本を買って、実際にパソコンを作るまでに何をするのか、一通り読んでいただければ、きっと今以上に興味もわき、不安も出てくると思います。

「不安?」気にしないでください、完成して使うときには自信に変わっているはずです。「最初だけだから、本なんてもったいない」なんて思うかもしれないですが、あとあとも役立つことがありますよ。たぶん・・・

少しでも自作パソコンに興味のある方は、是非パソコン選びの選択肢に、自作パソコンを入れてみてください。自作パソコンを作るコツは「気合とやる気とあきらめないこと」ありきたりですが、大事です。

たくさんの失敗や、経験を積むことで、パソコンに詳しくもなれる自作パソコン。たくさんの楽しみが、きっとあなたを待っていますよ!

注意 自作チャレンジは自己責任でお願いします。
    「私に勧められたから、チャレンジしたけど失敗した」と言われても
    何もしてあげられません・・・。ご注意ください!

自作パソコン初心者の方に、おすすめ

自作パソコンを、初めて作成する方にオススメなのが、自作パソコンキットです。自作パソコン初心者の方が、その自作パソコンキットを購入するなら、オススメのショップは、Sycomです。

なんと完成まで完全バックアップしてくれます。

サポートのない自作パソコンの世界に革命的なことです。初めて自作パソコンにチャレンジする方には、絶対オススメのショップです。私の時にも欲しかった・・・。

スポンサードリンク