パソコンの選び方、購入ガイド With pc

pc 自作パソコン 925X 640 作成 (4)

With pc自作パソコン自作パソコン 925X 640 作成(4)

自作パソコンの作成、全て終了!

自作パソコン完成
設定終了後、ケースにサイドカバーをつけて完成!
自作パソコンの作成は、何回やっても、やっぱり楽しかったです。次はいつ出来るのでしょうか??

のちに、ビデオカードのそばに、汎用のステーを加工してファン増設。「グラボのファンレスの意味な〜し」と言われるが、付けたかっただけです。意味は全くない・・・。
でも、一応冷えてます。
ファン追加

925X 640 自作パソコンを完成させての感想

総額20万円で組み立てましたが、実際はOSがあり・・・少々予算オーバー。OSは後に64対応がWindowsから発売されるみたいだけど、いきなり全てがうまく切り替わるわけもないと思うので、メインとして使うなら、従来のXPということで普通に購入。

Matrix RAIDも意外とあっさり設定できたので、興味のある人はやってみてください。ちなみに自分は合計320GBのハードディスクで、RAID0に60G、RAID1に約130G振り分けました。

使用してみて、2個のハードディスクで、2つのRAIDを使用するのは不思議な気分。RAID 0の速さ的なものは、私の使い方では、体感までは難しいです・・・。

775は運良く3台目の組み立てになりましたが、組み立て自体は、478ソケットと、あまり変わらないので、特に難しくはないと思います。ただし、CPUファンの付け方が納得いかない。あれなら、社外のファンで、ねじ止めとかの方が良いかも知れないですね。とにかく、取り付けしにくい。

その他は、基本的に変わらないし、ハードディスクをシリアルにすると配線の処理も楽。初心者でもじっくり時間かけてやれば、十分組み立てられると思います。もちろんやる気と勉強する気は必要ですし、設定に関しては戸惑いもあると思います。でも、誰もが最初は初心者! やる気と、根性で、自作パソコンの組み立てキットなどから、チャレンジしてみてください。

自作パソコンを、使用しての感想

実際に組みあがったパソコンを使用していて、何の文句もありません。レスポンスの良さは言うまでもなく、使っているパソコンの中ではNO1。640CPUの64BITやセカンドキャッシュ2MBの恩恵は、うわさどおり?感じられないけど、メモリ2GBのおかげもあり、十分すぎるレスポンスです。

周辺機器は、今までに使ったことのない、きれいな液晶で、申し分ないんです。あまり液晶のきれいさには、こだわりがないけど、これならほとんどの人が満足なはずです。と、この程度の発言しか出来ないんですけど・・・。

キーボード、マウスに関しては、デザイン、機能ともに気に入りました。一昔前のような、「質感」の良さは、さすがにないのですが、価格面からも大変お得です。<2005/4

ただし、マウスはワイヤレスなこともあるけど、反応が一瞬遅れる感じが少し気になる。我慢できない範囲ではないけど、ホームページなどをつくっていると少しイライラ。通常のワイヤレスより一発目の反応が鈍い気がします。<ちょっと使わずの次の反応。
それでも、使っているのは握りやすさと、戻る、進むボタンの便利さです。反応の方もそういうものとわかれば、一発目ラフに動かすなど対応できます。

キーボードは、機能満載で使いやすいけど、方向キーと数字の0が近いのでついつい0を連打したり、Enterキーと、周りのキーを、打ち間違ったり少し戸惑いもあります。慣れの問題だけど、いつも会社で使っているのは、通常タイプなので、間隔の違いは体が修正してくれません・・・。会社で使っている時間の方が、長いから無理もないけど。家ではゆっくり打つことになります。

それと、文字消え・・・ちょっと早いな〜、値段考えれば、十分ですがね。

以上、今回の自作パソコンは、特に大きな問題、不満もなく完成、そして使用してます。皆さんもお気に入りの1台、組んでみて下さいね。自分でつくったパソコンを使うのは、またなんとも言えず良いものです。
このページは、ここで紹介した、自作パソコンを使用して作成しました。

追記 Aopen Yontendo KM-990Rについて

マウスは、結局慣れてしまったので、問題ない感じです。電池なくなるの早いですが、充電の予備があるので問題なし!?

キーボードの心配だった文字消えは、ある程度まで進むと止まります。見えなくなるほどは、消えないみたいです。多分、普通の人よりは、使用頻度高いと思うので、一般的な使い方であれば、それほど問題ないと思います。

ただ、使用頻度高い分、方向キーがどうしても気に入りません・・・。半年経って、元も取れたと思うので、そろそろ新しいの検討中です。

もし、インターネットプラスアルファ程度の使用頻度であれば、この、マウスとキーボードは、良いかも知れないですが、ハードユーザー向きではありません。

2005/10

スポンサードリンク