パソコンの選び方、購入ガイド With pc

pc 自作パソコン 925X 640 作成 (3)

With pc自作パソコン自作パソコン 925X 640 作成(3)

ハードディスクなどの取り付け

S-ATA HDD
フロントパネルからの配線を、マザーボードに差し込みます。USBの線など、説明書を見ながら間違えないようにやってください。
(一番難しい部分かも? 慎重に)
そのあとハードディスク、光学ドライブ、フロッピー+カードリーダーなどを、組み付けて配線すれば、ほぼ完成。画像は、ハードディスクS−ATA、2個

こちらの画像は光学ドライブ。光学ドライブのコネクタは、突起があり 間違えることはありませんが、フロッピーの、フロッピー側のコネクタは、さかさまにも入ってしまうので、方向を良く確認すること。間違えると、フロッピーの作動ランプが、点きっぱなしになります。結構やりがちなミスです。
DVDドライブ

S-ATA変換コード
今回のマザーボードには、IDEをシリアルに変換するコードが、付属されていました。あるとつい使いたくなるのが、B型?! 手持ちのHDDを使用して取り付け。絶対無駄になりますが・・・。

ビデオカードの取り付け

いつも最後の、ビデオカード。今回は、いつもより高め物もを選択。この絵が購入の決め手とは・・・。ちなみにSLIに対応している商品です。
グラフィックボード

ファンレスグラフィックボード
ビデオカードの表の面、通常ファンがついてる側です。ファンレスなので、ごついヒートシンクと、羽?がついてます。葉っぱではないよね??

これが裏側?でもなぜか、パソコン完成すると見えるのはこっち側。葉っぱのほう見たいのにナ〜ゼ〜。
答えは、CPUがあるから?
グラフィックボードヒーシンク部分

自作パソコン、組み立て完成!

パーツ組み込み終了
ほとんどのパーツを組み付け完成。まだ配線が汚い・・・。配線は、仮まとめの状態です。

配線まとめて後はカバーをするのみ。でも設定全部終わってから、サイドのカバーします。何か間違っていたら、面倒ですからね。配線まとめるのは、ファン類と、配線が干渉していなければ、設定の後でも良いと思いますよ。
自作パソコンほぼ完成

ワイヤレスキーボード
これが今回購入のワイヤレスセット。黒のケースと、液晶にあわせて、デザイン良し。特に値段が良〜〜し!!

モニターと合せると、こんな感じ。それにしても、つるぴかはきれい。ちなみに画面に映っている変な影はカーテンで、やばいものではありません。
BIOSの設定、OSのインストール、さらに、必要なソフトのインストールすれば、自作パソコンの完成です!
モニターとキーボード
スポンサードリンク