パソコンの選び方、購入ガイド With pc

pc 自作パソコン 925X 640 作成 (2)

With pc自作パソコン自作パソコン 925X 640 作成(2)

CPUファンの取り付け

775、CPUファンの足の裏側
次にファンをCPUの上に乗せます。775は4つのピンを押し込んで固定。力いっぱい押し込む感じで、「パチッ」というまで、押し込んでください。マザーボードの裏を見て、この位置まで足が出て来てればOK。

メモリの組み付け

こちらが今回使用のメモリ。DDR2 PC4300 1G 2本です。
DDR2メモリ

メモリのアップ
ここで気づいたことが、表裏のシールで、上の画像にはPC4300と記載。下の画像にはたぶん品番になるのか、製造段階での話か、4200と記載。パソコン部品には良くあること? ハードディスクも容量と関係なく、品番に紛らわしい数字が使われる??

メモリを組む時は、左右の白いレバーを広げて、メモリの差込部分にある溝を合わせて、「カチッ!」っと押し込む。それなりに力入れます。デュアルチャンネルで使用の場合は、同じ色の部分に、差し込みます。
(今回は黄色に挿入)
メモリ装着例

マザーボードの取り付け

3Rケース
ケースにマザーボードを組み付けます。画像は今回購入したケース。思っていたよりシンプルで、おとなしめ。前のダイヤルで、付属のケースファンをコントロールできます。ファンの下には、デジタルでケース内の温度も表示されます。

ケースは、左右のカバーと、フロントパネルも外してしまいましょう。ケースを開けて、付属のビスなどを取り出します。電源付きなので、配線多いけど、配線の数に「びびる」必要は全くなし!?
ケースの中身

ケース背面
まずは、準備として、リアのIOパネルを取り付けます。マザーボードに付属のものを使います。

ケースのこの部分にCPU側を上にして、マザーボードを組み付けますので、マザーボードの穴の位置に、スペーサーを取り付けましょう。
マザーボード取り付け部

スペーサー
これがスペーサーです。通常はケースに付属されています。

スペーサーを付けたら、マザーボードを入れて、ビス止めします。入れるときには、IOパネル側にスライドさせ、IOパネルにあわせて、入れていきます。 私は、普段あまり使いませんが、ビス止めの際は、絶縁ワッシャーを使用しましょう。茶色の紙のような、ドーナツ型のものです。ビスとマザーボードの間に入れます。ビス止めの際、電源が邪魔な場合は、一度外してしまうのも手です。
ケースにマザーボードを装着
スポンサードリンク