パソコンの選び方、購入ガイド With pc

pc 自作パソコン 925X 640 構成 (2)

With pc自作パソコン自作パソコン 925X 640 構成(2)

自作パソコン、重要なパーツを選ぶ

まずは、メモリ。かなり異例の優先順位かもしれないけど、今までの経験上、これが一番重要なパーツ。自分がパソコンを使用している感じでは、一番速さ的なものを体感できるパーツです。今回は、メモリの価格が下がっていることもあり、DDR2を2G搭載することにした。

本当は4G搭載したかったが、さすがに予算内では収まらなくなるので断念。後々のことも考え、スロットを空けておきたいので、1Gのものを2本搭載することにする。

次にCPU、性能を求めれば、全ての数字が大きいものになってしまう。動作周波数にFSB、セカンドキャッシュに値段・・・。 この値段が問題。
今回の選択肢にはソケット775の5XXシリーズと6XXシリーズがあり、大きな違いは、セカンドキャッシュと64BIT対応かどうか位。雑誌等の評価でも、あまり変わらずって感じなので、価格で選べば、5XXシリーズになる。6XXシリーズと同じ金額であれば、動作周波数が少し大きいものが手に入ることになるしね。

でも、パーツへのこだわりから、6XXシリーズが気になってしょうがない。別にあとあと発売されるであろう、64対応のOSに切り替える気もないし、特に大きなメリットがあるわけでもないんだけど、動作周波数に大きなこだわりがない分、なんとなく6XXシリーズに決定した。5XXシリーズは、一応体験済みだしね。

他のパーツへの予算の考慮と、会社で540を使用しているということで、640、3.2GHzを今回のCPUに決定する。

ビデオカード(グラフィックボード)はいつもこだわりがない。
通常、残った予算で、1万円以内で購入が自分のやり方。

しかし今回は、こだわりがっ!

以前から気になっていたビデオカードがあり、それを今回は購入することにした。何でそれが良いかというと、6600GTでターボフォースエディション。さらに、ファンレス、SLI対応モデルで、言うことなし。 が、普通のコメントですけど・・・。

自分の場合は、箱の絵、ファンレスの羽のデザイン、これが気に入った。以上です・・・。「そんな理由で選ぶのか!」と、怒られそうですが、それもありでしょ?!
自作パソコンでは?

6600gtの箱
気に入った箱のデザイン

何かが気に入ったらそれを使う、
そのパーツを使うために
自作する、構成を変える。
これが自由に出来るのも、
自作パソコンならではの、
メリットではないでしょうかね〜。

こじつけてみました・・・。

普通は、一番最初に選ぶマザーボード。
今回はチップセットがある程度絞られていたので、ここで選択、925は価格もまだ高いので、915で選択。Aopenのマザーが、915P&ICH6RでDDR2が、4スロットあるのでこれにしようと思っていた。

全てのパーツを選び、オーダーしようと買い物かごに入れている最中に、急遽変更!

GIGABYTEの925Xが、あまり変わらない金額で出ているのを発見。約3千円の上乗せになるけど、全てのパーツを選び終わって、そのくらいの予算はあったから急遽変更!

925Xのメリットは個人的なことで言えば、多分ないけど「925Xを使ってみたい」の思いだけで変更しました。自分のパーツ選びは、こんな事ばかっりです。重要性の高いパーツの選択も終わり、後は残りのパーツを選ぶのみ。

スポンサードリンク